4人きょうだいのまわりは4人きょうだいがいっぱいだの件

こんばんは、ゆほけのです。

何度も言いますが、我が家には子供が4人います。

まさか自分が4人も子供を持つ日が来るとは…想像もしてなかったな~。

今の時代に4人きょうだいの家庭なんて、それこそ想像したことなかった。

私の父が4人きょうだいだけど、それくらいの世代のきょうだい構成で

自分には関係ないと思ってた。

というか、関係ないと思うこともないくらい、考えたことなかった。

でも今は、

長女が生まれ、三年後に長男が生まれ、その二年後に次男が生まれ、更にその五年後に三男が生まれ、

我が子らが4人きょうだいになって二年半

もう子供が4人以下の生活が想像できない。

不思議だ。

不思議だけど、それが普通で、いつも通りで、幸せな日常。

で、気付いたら

まわりにもいっぱい4人きょうだいのご家庭を発見!

類は友を呼ぶとは誰が言い始めたのか(笑)4人きょうだいは4人きょうだいを呼ぶんだな~(笑)

私達親子が初めて4人きょうだいのお友達と出会ったのは、まだ長女が幼稚園児で長男が未就園児。

うちに子供が2人しかいない時。

長女が仲良くしてもらってる女の子に弟君がいて

その弟君が長男と同い年と分かり、きょうだい構成が一緒だと喜んだ私。

でも、数日後そのお友達にはその2人のお子さんの上に2人お姉ちゃんがいることを知り、衝撃だった!

え?!子供4人もいるの?!マジで?!

後に自分も4人の子持ちになるとは知らず

その時の私は驚きを素直に口にしました(笑)

そのママが、可愛くてオシャレでアクティブで、子育ての疲れを感じさせなかったので余計に驚いた。

もしかしたら、そのお友達との出会いが、私の子だくさん生活のきっかけだったのかも。

その当時は2人の子供に満足だったし、3人目を考えていたわけじゃなかったけど、

子供が4人いてもあんなに毎日楽しそうで元気でいられるんだ~!と、心のどこかで可能性と希望が芽生えたのかも。

それから数ヶ月後に3人目の妊娠が分かったとき、何のためらいもなかったのは彼女のおかげだったのかな。

4人目の妊娠が分かったときは、正直戸惑った。

金銭的、体力的、小さいけれど色々な壁があることに間違いはなかったので、育てられるのか…

悩んだのではなく、きちんと考えた。

その考えの中で、やっぱり彼女の存在は大きく、偉大なる先輩は私の中で背中を押してくれた。

その結果、今幸せ。楽しい(笑)

まわりに同じ境遇のお友達がいるって、心強いです。

で、私が4人目を出産後すぐに、

なんと2人も4人目を生んだお友達がいて、

末っ子にはすでに2人も同級生のお友達が確保されてます♪

その一年後にご近所さんが4人目を生んで…

最近出来た娘の親友も4人きょうだいでした。

しかもそのお宅は、長男以外全員うちと同級生♪

ホントに、今の時代に4人きょうだいがこんなにまわりにいるなんて。

なんて心強くて、楽しいんだ!

会うと、ついつい4人きょうだいあるあるで盛り上がる。

例えば、学校で使う教科書以外のアイテム、ピアニカとか習字道具とか、1人1つ買うか悩む~とか

きょうだい間生存競争が激しいのか(笑)みんな良く食べる。お米はどれくらいの頻度で買うの?とか、しかも割と早食い~とか

お洋服のお下がり、4人目にはさすがにクタクタ~とか

些細だけど、情報を交換したり、思いの丈をぶつけ合ったり…

何か共通点があると、人って安心出来ますね。

それが、稀なことかと思ったら意外とそうではない環境だったって思えたとき、特にホッとする気がする。

ちなみに、うちは男子が3人。

男子3人きょうだいのご家庭もまわりにいっぱいいま~す。

これも、類は友を呼ぶ なのかな…