4人きょうだいのまわりは4人きょうだいがいっぱいだの件

こんばんは、ゆほけのです。

何度も言いますが、我が家には子供が4人います。

まさか自分が4人も子供を持つ日が来るとは…想像もしてなかったな~。

今の時代に4人きょうだいの家庭なんて、それこそ想像したことなかった。

私の父が4人きょうだいだけど、それくらいの世代のきょうだい構成で

自分には関係ないと思ってた。

というか、関係ないと思うこともないくらい、考えたことなかった。

でも今は、

長女が生まれ、三年後に長男が生まれ、その二年後に次男が生まれ、更にその五年後に三男が生まれ、

我が子らが4人きょうだいになって二年半

もう子供が4人以下の生活が想像できない。

不思議だ。

不思議だけど、それが普通で、いつも通りで、幸せな日常。

で、気付いたら

まわりにもいっぱい4人きょうだいのご家庭を発見!

類は友を呼ぶとは誰が言い始めたのか(笑)4人きょうだいは4人きょうだいを呼ぶんだな~(笑)

私達親子が初めて4人きょうだいのお友達と出会ったのは、まだ長女が幼稚園児で長男が未就園児。

うちに子供が2人しかいない時。

長女が仲良くしてもらってる女の子に弟君がいて

その弟君が長男と同い年と分かり、きょうだい構成が一緒だと喜んだ私。

でも、数日後そのお友達にはその2人のお子さんの上に2人お姉ちゃんがいることを知り、衝撃だった!

え?!子供4人もいるの?!マジで?!

後に自分も4人の子持ちになるとは知らず

その時の私は驚きを素直に口にしました(笑)

そのママが、可愛くてオシャレでアクティブで、子育ての疲れを感じさせなかったので余計に驚いた。

もしかしたら、そのお友達との出会いが、私の子だくさん生活のきっかけだったのかも。

その当時は2人の子供に満足だったし、3人目を考えていたわけじゃなかったけど、

子供が4人いてもあんなに毎日楽しそうで元気でいられるんだ~!と、心のどこかで可能性と希望が芽生えたのかも。

それから数ヶ月後に3人目の妊娠が分かったとき、何のためらいもなかったのは彼女のおかげだったのかな。

4人目の妊娠が分かったときは、正直戸惑った。

金銭的、体力的、小さいけれど色々な壁があることに間違いはなかったので、育てられるのか…

悩んだのではなく、きちんと考えた。

その考えの中で、やっぱり彼女の存在は大きく、偉大なる先輩は私の中で背中を押してくれた。

その結果、今幸せ。楽しい(笑)

まわりに同じ境遇のお友達がいるって、心強いです。

で、私が4人目を出産後すぐに、

なんと2人も4人目を生んだお友達がいて、

末っ子にはすでに2人も同級生のお友達が確保されてます♪

その一年後にご近所さんが4人目を生んで…

最近出来た娘の親友も4人きょうだいでした。

しかもそのお宅は、長男以外全員うちと同級生♪

ホントに、今の時代に4人きょうだいがこんなにまわりにいるなんて。

なんて心強くて、楽しいんだ!

会うと、ついつい4人きょうだいあるあるで盛り上がる。

例えば、学校で使う教科書以外のアイテム、ピアニカとか習字道具とか、1人1つ買うか悩む~とか

きょうだい間生存競争が激しいのか(笑)みんな良く食べる。お米はどれくらいの頻度で買うの?とか、しかも割と早食い~とか

お洋服のお下がり、4人目にはさすがにクタクタ~とか

些細だけど、情報を交換したり、思いの丈をぶつけ合ったり…

何か共通点があると、人って安心出来ますね。

それが、稀なことかと思ったら意外とそうではない環境だったって思えたとき、特にホッとする気がする。

ちなみに、うちは男子が3人。

男子3人きょうだいのご家庭もまわりにいっぱいいま~す。

これも、類は友を呼ぶ なのかな…

インフルエンザの検査結果にぼやきたい件

こんにちは、ゆほけのです。

ノロウィルス家族内感染の地獄からようやく全員が復活したと思ったら、

一足早く復活していた長男が、学校で学級閉鎖のお知らせとともに、インフルエンザをもらってきてしまった、、、

月曜日の放課後に発熱して、結果的に翌週の月曜日まで学校を休むことになった経緯をお話ししつつ、

インフルエンザに対する診断について、ちょっとぼやきたいと思います。

まず、長男は月曜日の放課後に発熱しました。

38度5分と、割と高かったので

季節的にインフルエンザの可能性もあるし、ただの風邪だとしても薬をもらいたいと思い、病院へ。

診察室に入ると、案の定インフルエンザの検査。

約15分待ち、結果は陰性。

医師「とりあえず陰性だけど、まだちょっと検査するのが早いかな~。明日まだ熱が高かったら、もう一度来て」と、咳止めと熱が出た時用の解熱剤をもらって帰りました。

その晩、解熱剤は飲んでません。

翌日の火曜日、長男の熱は36度台。ですが、昨日の今日なので学校は休み、一日様子を見ました。

結局その日にまた熱が上がることはありませんでした。

水曜日の朝、学校に行く支度をする長男の顔が赤い!熱をはかると38度越え。

ありゃりゃ、とりあえずまた学校は休み、布団に戻りました。

昼になると熱は39度台に!

本人の希望で解熱剤を飲み、眠ります。

が、ここで問題なのは、病院が水曜日定休だということ。

そして木曜日、熱は37度台。

もう熱が何度でも関係ない。とりあえず病院に行きました。

インフルエンザの検査。

15分待ち、結果は陽性。しかも、反応が薄いとのこと。

もはや、終わりかけなのか?!反応が薄い理由はよく分からないけど、まあ結論、インフルエンザBだったらしい。

学校に連絡。

どういう状況にしても、陽性反応が出たのが木曜日なので、そこから5日は登校できません。と。もうほとんど元気なのに。

ということで、木金土日月は休み。火曜日から登校可となるのです。

そんな経緯で結局、長男は丸1週間学校を休んだのですが、

インフルエンザのピークがきっと最初に熱が出てから3日間くらいだったんでしょう。

お休み後半は、元気すぎてヒマすぎてお互いストレスの塊となっていました。

で、今回私がぼやきたいのは

インフルエンザって、検査して陽性反応出ないと、インフルエンザ診断しちゃいけないのだろうか?

あのキットの結果は100パーセントなのだろうか?

この季節、何度も病院に行くのは気が引けます。

他の病気うつったらイヤだし、連れて行くほうも連れて行かれるほうも、結構しんどいもんです。

ある程度、インフルエンザとして症状が認められるなら、医師の判断で薬を処方して頂けないのだろうか?

学校を休む日数もへったかも、、、

というぼやきでした。

ちなみに、これは医師へのぼやきではありません。とっても良い先生で、家族全員かかりつけです。

この先生じゃなくても、検査が早すぎたから、また後日検査を受け直すって、とこでも聞く話ですので、

世のインフルエンザ検査キットへのすさまじい信頼性にぼやいています。

私が赤ちゃんを迎えるための必須アイテム② ベビーカー

こんにちは、ゆほけのです。

なんでも適当でズボラな私が、赤ちゃんを迎えるにあたって事前に準備したアイテム2つ目は
ベビーカーです!

普通です。普通なんですけど、どこに出掛けるにも絶対必需品。
赤ちゃんて可愛い。可愛いけど、ずっと抱っこしてると当然重い。
足腰に自信のない我々夫婦はなるべく抱っこしないでお出掛けをしたかったので、ベビーカーは必需中の必需品でした。

ちなみに余談ですが
抱っこ紐もそれはそれで大変便利ですが、
私がかの有名なエルゴさんをゲットしたのは4人目を産んだ時です。
抱っこしなきゃいけなくなるからいらないと、頑なに拒んでいた私に
さすがに必要でしょう!と必要のなくなったお友達が、半強制的にくれました。
使ってみたら、思った以上に登場回数が多くて
上3人の時はどうやってやり過ごしていたのだろうと不思議なくらいです。
が、それはまた別の時にお話しします。

さて、ベビーカーの選ぶ基準。これ、悩みますよね。
この世はどんなものも種類が多すぎます。
ベビーカーも例にもれず・・・
A型?B型?AB型?
四輪?三輪?ハンドルの形は?
国内メーカー?外国メーカー?
色は?などなど。

 

答えは、『好み』の一言に尽きます!

その一言に尽きるのですが、ちょっと今後の参考に私の体験を書きます。

 

私が一台目を購入した時に重視したのはベビーカー本体の重さ。
いかに軽量であるか。
というのも、当時私達が住んでいたマンションにはエレベーターがなく
ベビーカーを2階の我が家まで抱えて運ばなくてはならなかったのです。

買い物に出かけて帰ってきたとき、
娘を抱いて買ってきたものを持って一度部屋に上がり
そのあともう一度、娘を抱いてベビーカーを部屋に運んでいたから。
何より軽量であることが重要でした。

そして、新生児期でも大きくなってからでも使えるようにと
AB型に決めていて、当時それらの希望にかなっていたコンビのベビーカーをゲットしました。

しばらく問題なく使っていましたが、
2歳を過ぎたころかな、体が少し大きくなり足も長くなって
普通に座っていてもつま先が地面スレスレになってしまったので
足がついて引きずられるようになったら危ないし
2人目が欲しいと思い始めていたので
二台目に座面が高いB型ベビーカーの購入を考え始めました。

そこで軽く調べて目に留まったのがアップリカのクッキーシリーズ。
当時はまだそれが出たばかりだったのか
うちが購入したのは、リクライニング機能がありませんでしたが
座面が1台目に購入したものよりはるかに高く
子供の足が地面に擦れる心配もない上に
ハンドルの位置が高く、背の高いパパが押しても負担が少なかったのです。

ハンドルの位置が高いのはまったく予想もしていなかったのですが
これによって、主人が押してくれる機会が増え
ちょっとしたことではありますが、私の身体的な負担も軽減されました。

その後、まだ3人にも4人にも子供が増えるとは思ってもいなかった私は
一台目のベビーカーをお友達に譲ってしまい
また、新生児から乗れるベビーカーを購入したのですが・・・

 

三台のベビーカーを買ってみた私的、ベビーカー購入チェックポイント

  • 乗せる時期・・・生まれてすぐから使うならA型。しばらくベビーカーで外出する予定がないならB型。長く使いたいならAB型。
  • ベビーカー本体の重さ・・・抱える機会が多いなら軽くするか、あまり気にしないか。
  • 大きさ・・・特に幅が種類によって全然違います。電車を利用する機会の多い方は幅を確認すべき。改札ギリギリ、または広いところじゃないと通れないものもあります。
  • ハンドルの形・・・左右離れたものと一本でつながっているものがあります。私は一台目は一本でつながったタイプでした。子供を抱っこして片手で押すときに真ん中を握れるので便利です。二台目は離れたものでした。小回りが利いて平均的に移動しやすかったです。
  • 座面の高さ・・・高いほうが何かと良いと思います。足は地面につかないし、熱い季節は地面からの照り返しが離れているほうが弱いので熱中症予防になります。
  • 床下収納・・・座面の下の収納部分が大きく深いほうが当然荷物が沢山おけます。さらに、座面と収納かごが離れているほうが荷物の出し入れがいやすいです。ハンドルに荷物をかけることもできますが、赤ちゃんより荷物が重いとベビーカーが後ろに倒れてしまうことがあるので、下に荷物を入れたほうがベビーカーが安定します。
  • 日よけ・・・日よけの幌が浅いと赤ちゃんに沢山日が当たってしまい、当然日焼けします。幌が深いか、レインカバーのように足元までの幌が別途取り付け可能なものがおススメです。
  • リクライニング機能・・・絶対必要なものではありませんが、赤ちゃんが寝てしまったとき、背もたれを倒してあげたほうがやっぱり気持ちよさそう。背もたれが起き上がったままだと、首が極端に曲がって苦しそうに見えます。

 

これらを参考にお店やネットで探すといいかと思います。実際に押してみると機種による違いを大いに感じられるので、赤ちゃんが産まれる前にでも、パパとデートがてら、ベビーカー巡りをしてみてもいいかも。いくつかお目当てのものを絞って、最終的にネットで価格比較してポチっとするのがおススメです。