最近気が付いた、4人兄弟の遊びが違ってきてちょっと困る件

4人きょうだい 遊び

こんにちは、ゆほけのです。

 

きょうだい多いと子供達がお互いの面倒をみあって、敬って、結構ラクなんです。

家事をする時も、子供同士で遊んでくれるし

お手伝いをお願いすれば、子供同士で教えあってくれるから

実は人数多くても手がかからないこと、多いんですよ。

 

全員がなぜか同じタイミングで「ママ~」って来るときもあるけど(笑)

なぜ今!みんなが!同時に私を求めてるんだ⁈って。

 

でも最近ちょっとずつそれぞれの遊びの種類、価値観などが変わってき始めて

ちょっと困ったなって思うことも出てきました。

なので、今日はそのお話を・・・

家族

うちは一番上と一番下が10歳違い。

一番上だけが女の子、あと3人は男の子。

そういう事も関係してるかもしれませんが・・・

 

それぞれ何して遊んでる?

 

1番上は女の子。小学校高学年。

女の子 遊び

うちの子は、思いっきり女子ってタイプではないけれど

料理、お絵描き、ネイルが好きだったりと女の子らしい一面もあります。

 

その反面、弟達相手にお相撲なのかプロレスなのか、戦いごっこ的な遊びも十分にお付き合いできてます。

というか、まだまだ一番強い。

 

が、やはり家にいるときは

上に書いた女の子っぽい事や、DSしたりスマホいじったり、まったりしたがりがち。

 

外遊びに関しては、もう弟達とは楽しめないようです。

お友達とお買い物したり、公園で話をしたり、

もちろん鬼ごっこのような走り回る遊びもするようですが、友達だから面白い・・・

 

 

きょうだいの2番目である長男は、小学校低学年。

走る男の子

好きなことはゲーム。

将来の夢はユーチューバー。

 

でも、ゲームしてるとき以外は、じっとしてられなく落ち着きがない。

家の中を走り回ります。とにかく走り回ります。

 

外に出れば、サッカー少年。

縄跳びも練習中。

 

すべてが絵にかいたように、今どきの小学生男子って感じ(笑)

 

 

きょうだいの3番目、次男はこの4月から一年生。

きょうだい

崇拝する人物は恐らく長男。

なんでも長男と同じことをしたがります。

 

ゲーム大好き。暴れるの大好き。家の中を走り回ります。

+ 戦いが大好きです。

 

ただ外遊びに関しては、まだサッカーができないので長男との絡みがうまくいきません。

次男はとにかく鬼ごっこが大好き。氷鬼、色鬼、どろけい。。。

 

 

末っ子、三男はまだちっちゃい。もうすぐ2歳です。

赤ちゃん あそび

彼が大好きなもの、それは仮面ライダー!

我が家で初のライダー好きが出ました。

上3人は、全員ポケモン&ドラゴンボール派。

 

Amazonプライム会員でテレビっ子のパパが

テレビを堪能するためにゲットしたファイヤーTⅤスティックは、もはや末っ子の独占状態。

 

色んな仮面ライダーを見ることができるのです。(もちろん仮面ライダー以外も色々見られます)


Fire TV Stick

 

ちなみにお気に入りは、オーズ、フォーゼ、電王、鎧武のようです。

まだお話が上手じゃないので夢中で見ているものを統計してみると、その辺らしい。

 

でも、末っ子ももちろん外遊びも大好き。

ただ、とうぜんまだ鬼ごっこもサッカーも縄跳びもできません。

同じ遊具をずっと繰り返したり、行ってはいけないエリアに入ろうとしたり・・・

 

何が困るのか?

家遊びに関しては、

順番にやりたいことを一緒にやってみたり、

それぞれ個々のやりたいことを楽しんでも目が届くので良いのですが、

 

外で遊ぶとなった時がちょっと困る。ちょっと面倒。

 

まず、そもそも娘は一緒に行きたがりません。

強引に誘えばしぶしぶついてきますが

もう「家族で公園なんて・・・」という歳のようです。

 

長男は、サッカーと縄跳びが出来れば、どこでも誰とでも!行けるだけで嬉しい!

けど、公徳心公共心の強い彼は

末っ子が危ないことをしていたり、1人で走って行ってしまうのが気になってしまうタイプ。

 

本当はサッカーしたいけど、末っ子の後をついていく。

本当は縄跳びを見てもらいたいけど、末っ子が遊具から落ちないか心配で仕方ない。

家族で公園に行くと、自分の遊びに集中できないんです(笑)

 

次男は、自~由~。

末っ子を追う長男を追いかけるけど、途中で寄り道道草。

母と長男は危ないところから早く末っ子を連れ出そうとしてるのに

その途中に咲いてる花が気になって立ち止まり

そんな次男に気付いた末っ子が、またそちらに戻ろうとしてしまう・・・

 

ちなみに長男は、そんな次男のことも気になって、注意して、自分の遊びに集中できないでいます。

 

そして、いつも最後に長男が

「もう帰りた~い」となるのです。

それを聞いた次男は「にいにが帰りたいならいいよ~」と上から返答。

末っ子は「帰りたくない!」とジタバタグズグズ。

 

まとめ。困ると言っても・・・

でもこれって、四人兄弟だから起きる問題ではないですよね。

書いてみて思った・・・(笑)

子供は成長する。その過程で遊びも変わってくる。

それに加えて、それぞれの性格があるから

結末が、姉弟構成によっても、人数によっても、日によっても変わるんだ。

だから面白いんだな~

付き合えると間はとことん付き合おう!と改めて思いました。

 

なんてまとめ方だ!って思われましたよね?自分でも思いましたから。

でもそれだから子育ては面白いんだな~が、

四人を子育て中の私の本音であり、まとめです。

 

子育て、面白いです。

困った。面倒だ。って時こそ自分も成長できるチャンスかも♪

 

 

4人の子供と私、お風呂の入り方の件

こんにちは、ゆほけのです。

 

お子さんが沢山いらっしゃる方、小さいお子さんがいらっしゃる方、

皆さん、どうやってお風呂に入ってるんだろう・・・

って、よく思うんですが、我が家はそのどちらにも該当してるんだなぁ~と思ってみて

参考になるか分かりませんが、うちのお風呂の入り方を紹介してみることにしました。

 

入り方と言ってもたいそうな事ではなく、誰が誰と、どんな順番で、、、くらいのことをさらりと。

 

現在のお風呂の入り方

現在我が子らは、小5女子、小2男子、年長男子、1歳男子という年齢構成になっています。

我が家はまだまだ小さい子がいるので、お風呂は食事の後。

食事が終わりひと段落付いたところで、各自歯磨きをします。

 

歯磨きが終わったら

まず小2男子と年中男子が同時、または順番にお風呂に入ります。

彼らが自分たちの身体が洗い終わったら、1歳男子が呼ばれお風呂へ。

 

2人で1歳男子の体を洗います。

3人で湯船へ。

三男は1歳と言ってもあと1か月で2歳なので、湯船を浅めにしていれば3人で入れます。

 

そのタイミングで小5女子がお風呂へ入ります。

小5女子が髪の毛と体を洗っている間、男子3人は湯船でキャッキャ遊んでいます。

 

小5女子が洗い上がる頃、のぼせ始めた小2男子と年中男子がお風呂を出ます。

2人が出たら、小5女子が1歳男子も湯船から出し仕上げ洗い。

 

1歳男子がお風呂から出るので、母が呼ばれ身体を拭きます。

 

母と子供、一緒にお風呂に入ってません

気が付かれました?

現在、私はほとんど子供達とお風呂に入っていないんです。

 

お夕飯後、食器を洗ったら、1歳男子のお風呂上がりの支度をして待機です。

上3人はもうお風呂の支度も、お風呂に入るのもすっかり一人でできますので

私は末っ子のことだけ気にすればいいのです。

 

なので最初のうちは、末っ子と誰かと私、という組み合わせでお風呂に入っていましたが

子供は子供同士でいるほうが何事も楽しいようですね。

 

上の子達がお風呂に入るタイミングで、末っ子がお風呂に入りたがり

服を脱ぎ始めるようになったんです。

上の子達も選ばれし者って感じで嬉しかったらしく、

末っ子とお風呂を入るのが一つステータスのようになっています(笑)

 

さらに私とお風呂に入らなくなったもう一つの理由は、

お風呂上りのケア、クリームを塗ったりパジャマを着るのを

ママにしてほしい、私以外の誰にもされたくないようです。

 

主人がお休みの時は、子供たちのお風呂のサイクルに主人が加わるので

週に1,2回は子供達も大人と入っています。

その時に、普段より念入りに洗うよう、主人には一応お願いしています。

 

また、時々

子供達より私のほうが、子供と入りたくなり

子供達がお風呂に順番に入っているどこかのタイミングで、突然加わったりしています。

 

子供が4人いて、しかも末っ子はまだ1歳ですが

1人でゆっくりお風呂には入れている現状に幸せを感じています。ありがたや~

 

 

では、末っ子がもっと小さく、私が入れなければならない頃はどうやって入っていたか。

次の記事ではそれを書きたいと思います。

 

 

子供が4人いて大変な事と嬉しい事を考えてみた件

こんにちは、ゆほけのです。

 

子供が4人いると言われる言葉、、、

「偉いね~」

「すごいね~」

「大変だね~」

たいてい、そう言われます。

 

自分では、どれもそうだな!って、特別思ったことはないけど、、、

 

今回は、子供が4人いて

すごいなって思うことや、大変だなってことや、嬉しいことを

改めて考えてみようかな~と思います。

 

 

子供が4人いると、偉いの?

 

「偉いね!」

これ、ホントに、めちゃくちゃ言われます。

「私なんて2人でヒーヒー言ってるのに、4人なんて!」がたいていセットで付いてくる(笑)

 

でもでも、そんなことないですよね~。

子供を4人産むと決めたのは、自分だし、自分達夫婦だし、

特別に偉いことをしたわけじゃないんです。

 

子供を育てるって、人数関係なく大変だし、

育て方なんてその人その人色々で、正解なんて無いし、

1人でも大変と思う人、むしろ4人くらいいたほうが楽♪と思える人。捉え方次第。

そもそも、子供の有無に偉いって関係ないし。

 

むしろ、私は子供を育てるって感覚ではいないような、、、。

良く聞く「子供に育ててもらってる」

まさにこれです。

偉いね~

と言う言葉は、本当に個々の価値観。

 

ずぼらな私に関して言えば、1人目の時は、自分のタイミングや、今までの文化と全く違う現象ばかりだから

めんどくさ~~~って、ぼんやり適当に過ごしてた気がします。面倒くさがりなもんで。

 

だけど、人数が増えていくうちに子供との生活に慣れてくるし

私が慣れてくるのと同じように、上の子達が順に、

下の子との生活に慣れてくるので、子供からのサポートも増え

イイ意味で適当にやれて、だんだん楽になってきてる!

 

ちなみに、私と似たようなタイプの主人も、

人数増えるにつれて、子供慣れしてきた~と、

料理などの家事をどんどん手伝ってくれるようになってきております。

 

と言っても、普段は子供達が学校に出掛けてから起きてきて、

子供達が寝静まってから帰ってくるし

職業柄、カレンダーの赤い日は絶対にお休みできないから

手伝ってくれるのは、主人の休みが取れた平日の午後からだけだけどね~

 

と、さりげなく、ワンオペ育児アピール!

でも、自分のペースで子供達と過ごせるから、私はワンオペに心地良さすら感じております(笑)

 

そういえば主人、1人目の子の時なんて、子供見知りしてたの。自分の子に(笑)

そりゃ、懐かれないわって、今は笑い話。

 

4人目とはしょっちゅうイチャイチャしてます♪

 

あ、でも「偉い」って、言われたらうれしいですけどね、単純に(笑)表彰されるほどでもないが(笑)

 

 

 

さて、それからそれから、

子供が4人いると、大変なの?

 

うん。これは正直、大変なこともあるかなと思います。

 

私の中で大変と感じるツートップは

経済面

移動

 

お金はやっぱり掛かりますよね。

特にうちはみんな食べるの大好き!痩せの大食い揃い!

どこに入るんだろうって、不思議で羨ましいくらい、よく食べます。

 

よって、お米は10㎏が一か月もちません。

改めて、姉弟構成は11歳女子と8歳・5歳・1歳男子という事をお伝えしますね。

ちなみに主人はダイエット中で夜は炭水化物を抜いています。

主人がご飯を食べるのは、お昼のお弁当分だけ。しかも、OLかって言いたくなるくらいご飯は小さな容器に入れています(笑)

お夕食に4合分のご飯を子供4人だけで食べきる日もざら!成人男性4人か!

 

よく、お夕飯食べられなくなるから、おやつは控えなさい。って注意してるママさんがいらっしゃいますが、

うちは、お夕飯までもたないから、おやつも沢山食べてヨシッ!と言って、お米の消費を減らす作戦を企ててみたりして・・・意味ないけど。

 

とにかく、お米におやつにお肉やお魚は、毎回、業務用スーパーかコストコでてんこ盛り。

野菜ももれなくきちんと食べてくれるので、今の時期のように野菜高騰はイタイイタイ(笑)

 

食費はマジでかかります。

主人とお買い物に行くたびに、食費が~!と雄叫びあげつつ、沢山食べてくれるのは幸せな悲鳴だね。と、言い聞かせあっています。もとい、笑いあっています。

 

 

そして、次にかかるのはやはり、教育費。

小学校に幼稚園に習い事・・・

 

地域によるかもしれませんが、

私の住んでいる地域は小学校も、給食費+諸々の経費や教材費などで、毎月5,000~10,000円引き落とされます。

我が家はこれが二人分ね。

 

幼稚園は毎月の保育費が30,000円弱+給食費+諸々の経費で、結局毎月35,000円前後かかってますね。

今はこれが一人分。

 

そして、習い事。娘がチアで、長男がサッカー。今はこの二つだけだけど、

どちらもお月謝が8,000円弱。

+サッカーは30,000円ほど掛かる合宿が年に二回あるし、

+チアは、何回かある発表会や野球の応援などの遠征で、毎回結構かかるし、

 

で、うちは小学生になったら習い事を始めようということになっているので、次男が今年小学生になって何か希望してきたら、同等の費用がかかってきます。

 

習い事に関しては、それぞれのご家庭の方針があると思いますが、

うちはやりたいことはやらせてあげたい、でも経済的にもスケジュール的にも大変だから、

何でもかんでもではなく、コレ!と一つ決めてくださいと、子供達に話しています。

 

放課後、お友達との遊びを優先させたい彼らは、今のところ、習い事を複数やりたがることもなく

私達親の意向に納得しています。

今後、他にもやりたいと言い出したら、話し合いですね。

こういう時、うちはいつも、6人で話し合います。末っ子はまだ1歳で何が何やらだろうけどね。

 

とりあえずそんなわけで、子供にかかる費用もマジで大きいです。

 

 

そして、私が心の底から、毎回大変だ~と叫びたくなり、出かけるまでに面倒くさくなってしまうのが

移動です。お出掛けです。

 

だって、人数多いでしょ。

荷物多いでしょ。

それぞれの支度に時間かかるでしょ。

ぞろぞろとカルガモ親子のごとく大移動。

車に乗るまでにすでに時間かかったり、

公共交通機関使えば料金多くかかったり、

 

元来、フットワークが軽くない、インドアタイプの私には、ハードルが高いんですね。

 

あ、あれ!やっぱり大変な事の話をすると愚痴っぽくなっちゃいますね。

掛かる金額を露わに数字に出してしまいました。下世話でスミマセン。

 

 

じゃ、最後に

子供が4人いると嬉しい事って?

それは沢山あります。

 

  • まず一番に言えるのは、宝物がいっぱい。素直に子は宝です。

にぎやかで幸せな空間を、毎日実感しています。

うるさくて怒鳴ってるって言い方もあるけど(笑)

 

  • 家の中で、姉弟の中で、ひとつの縦社会ができるので、子供達が自立しやすいかも。

自立する!とは言いきれませんが、

人数分やることも多いので、お互い協力しあい、自分のことはなるべく自分でして、母(私のことね)をこよなく愛し助けてくれます。

上の子は幼い子をいたわり、下の子は目上の方を敬います。子供ながらに。

上履き洗うのも、洗濯物をたたんでしまうのも、自分たちでやってくれるのは助かっています。

 

  • 少なくても4つの人格、性格、人生を見ることができます。

同じ親から産まれ、だいたい同じ環境で育っているのに、誰一人として同じように育たない面白さ

 

  • お友達が増えます。だって、単純に計算してもママ友が×4だから。

ずぼらで交友関係を自分から築けない私ですらも、沢山の方から助けていただいております。

幸い、私は周りの人に恵まれています♪

 

 

そんなわけで子供が4人いる生活、どったんばったんですが私は幸せです。

ちなみに、類は友を呼ぶとはこのことか・・・

私の周りには子供が4人いるお友達が5人います(笑)みんな幸せ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

一歳半で始まった夜泣きの件

こんにちは、ゆほけのです。

最近、末っ子の夜泣きに夜活を妨げられる日々。パソコンも本もろくに開けなくて心がモヤモヤ。

 

そもそも、私が4人の子供達の断乳を決意したのは

いずれも夜中に起きるのがツラいというのが理由です。

あまりに自分勝手と言われそうですが、眠れないってツラいですよね~。

 

可愛い我が子達を、日中も睡魔に襲われイライラしながら育てるのは、お互い体に良くない!と、ズボラ母さんは自分に言い聞かせて正当化(笑)

私はとにかく夜中に起きるのが苦手。

うちの子達は、それを知ってか、いやそんなはずないけど

4人揃って生まれたときからよく寝てくれる子達でした。

末っ子なんて、新生児だというのに10時間睡眠当たり前!みたいに、毎日スヤスヤ。

でも、成長してくると色々事情が変わってくるんでしょうね。赤ちゃんなりに。
我が子達の第1次夜泣きブームは、夜中のおっぱい欲しい欲しい泣き(笑)

あげてもあげても欲しがる。

お腹も満たされ、喉も潤され、目を閉じて眠っているのに、おっぱい離すと泣き出す。

よって、私は一晩中授乳し続け、目の下にクマ、、、

 

で、断乳を決意するんですね。

 

幸い、4人とも断乳後は寂しくなるくらいあっさりとおっぱいのことなど忘れ、

なんともお行儀良く眠りにつくようになりました。
しばらく、お互い幸せに眠り続けられる日が続きます。

 

そして、一歳半を過ぎた頃、やってきます。第2次夜泣きブーム!

え?相談したの?兄弟で?って言いたくなるほど同じパターン。

一歳半を過ぎたくらいに、突然、夜、泣き出すの。

 

私も覚えてれば良いのに、娘の時のことを忘れて長男の夜泣きにがっくりし、

長男の時のことを忘れて次男の夜泣きにがっくりし、

そしてまさに今、三男の夜泣きに愕然としています。

 

心構えしとこ、自分。と思いながら、この時期なんで泣くんだっけ~?と、抱っこしたり、添い寝したり、なだめながらこっそりスマホでポチポチ検索。
どのサイトを見ても結局、最後に書かれているのは

「成長過程なのでどうしようもない。何歳までとか、何時間泣き続けるのかとか、どうすれば泣き止むのかとか、個人差があるので答えが無い」

と言う内容。
まあ、そうでしょうね。

どんなことでも結局個人差。性格や環境。どの子も同じわけないから、答えがあるわけない。
ちなみに、たいていのサイトでこんなことも書かれています。

「昼間に受けた刺激を寝ている間に整理している。夢を見るようになる時期。」と。

それが、いわゆる成長過程なんでしょうね。

 

今はしんどいけど、いつか終わると信じて付き合いましょう。

 

うちの末っ子はおしゃべりが遅く、まだパパとママくらいしか話せないけど、

夜泣きの最中に「ママ~!」と言われると、ちょっと嬉しい。

昨日は夜泣きツラかったけど、今日は夜泣きしないうえに、夢見て爆笑してた。

など、小さな幸せ探す方が前向きかな。

 

いつか、頼んでも、泣きながら私にしがみついてくるなんてしてくれなくなるだろうし、、、
ちなみに、以前に書いた、赤ちゃんの心のよりどころアイテム(うちの子はヒモ)は、あるとやっぱり便利です。

それを持たせても泣き止まない時は沢山あるけど、たまに運良くそれを握りしめて泣き止む時もあるのでw

私は往生際悪く、毎回渡してみます(笑)

末っ子の心が落ち着くアイテムと次男の赤ちゃん返りによる末っ子のマネ行動の件

こんにちは、ゆほけのです。

子供が心を許すアイテムがあると助かるもんですね。

それがあると、親や兄弟の用事中に退屈したときや、夜泣きしたときや、単純に機嫌が悪いときに、子供も親もちょっとホッとします。

もちろん、依存し過ぎさせ過ぎには要注意ですが、上の子達の時には意識したこともないし

子供たち自身があまり、コレ!というこだわりがなかったので

そんな便利なアイテムのことに気が付いたのは、4人目にして初めて。

 

今まで、そういった事態にどう対処してたんだろう?自分でも謎(笑)

お気に入りのオモチャだったり、いつも使ってるタオルだったり、おしゃぶり、人形、絵本、、、それはその子によって様々だと思いますが

我が家の末っ子の心の拠り所は、ヒモ!

 

私のスウェットパンツのウエスト調整のヒモが特にお気に入り。

立った状態で私にしがみついてきた時、ちょうど目の前にあったから、何気なく掴んでみたら、なんか心にしっくりきたらしく、、、

しょうがないので、ウエストから抜いて、首に巻き付いたりしないよう小さく結んで末っ子にあげました。

それ以来、寝る時も出掛ける時もちょっと機嫌が悪い時も、いかなる時もそのヒモを持っています。

 

そのヒモの使い方がちょっと面白い。

ヒモの使い方に定義なんてないから、それが変わっているかとかは分かんないけど

彼はそのヒモの先端を目の下あたりから頬っぺた全体をすりすりさせます。

円を描くように。

そしてちょんちょんと鼻をつつき、最終的にお口へ。

お口と言っても、くわえたりしゃぶったりするわけではなく、頬っぺたをすりすりさせた時と同じように唇をすりすりさせる感じ。

 

起きてる元気な時も、ふと立ち止まりその行動をするのがおかしい。

もちろん眠い時も手放さない。そしてその繊細な一連の動きを何度も繰り返します。

 

人に迷惑のかかることではないし、いつか飽きて自分からヒモを探さない日が来ると思うので、その時までほっとくことにしました。

きっと私達には分からない心の落ち着く何かがあるのでしょう。

と、思っていたら我が家に一人だけ、その気持ちが分かる者がいたようです。

 

次男が、気付くとそのヒモを奪って、完全に鼻に突っ込み、完全に口にくわえています。

明らかに末っ子とは動かし方が違うガサツなくわえっぷり。

、、、分かりやすく赤ちゃん返り。

せめて、そんなにガッツリ鼻に突っ込まないでほしいもんだ。

最初はコラコラと注意していましたが、最近では我々が注意するまでもなく、末っ子が自ら次男を攻撃してヒモの奪還を果敢にトライしているので、

ま、その辺のやり取りも彼ら自身に任せることにしました。

 

ちなみにヒモには、一軍、二軍、三軍、その他大勢と

一応、私にとっても末っ子にとっても念のため用(洗濯とかお出掛けとかね)の控え選手がそろっています。

 

それにしてもヒモのおかげで寝かしつけがラク~!

末っ子の断乳後、胸の張りがつらい件

こんにちは、 ゆほけのです。

末っ子の断乳に見事成功してから喜んだのもつかの間、タイトルの通り胸が痛くてつらかった時の話を書きます。

 

末っ子は断乳の翌日から夜泣きをすることなく
その後の3日間とも夜中に起きることはありませんでした。
とても順調。

 

上3人と違って、眠くなったりすると
自ら私の洋服をめくって勝手に授乳を始めようとするほど
おっぱい依存になっていたので

卒乳してからはしばらく、精神的に不安定になるのでは
と、心配していましたが
まったくの私の思い過ごしだったようです。

 

朝は気持ちよく7~9時の間に目を覚まします。
だいたい、小学生チームか主人か幼稚園チームの誰かが
出かける支度でバタバタしていると起きるのです。

そして起き抜けから絶好調によく食べ、お昼も沢山食べ
午後に一度お昼寝をして
お昼寝から目が覚めたころに上の子達とおやつを食べ
お夕飯もガッツリ食べたらお風呂に入って
20時半~21時頃に絵本を読んで電気を消しておやすみなさい。

 

と、不安定どころか
むしろ素晴らしく規則正しくご機嫌に生活している末っ子。
勝手に心配していて、なんだか寂しく恥ずかしい私。
子供の順応性ってすごい。

 

前置きが長くなりましたが、そんなわけで
断乳後末っ子は特に問題なく過ごしていました。

 

ツライ思いをしたのは私のほうでした。

断乳決行翌日は特に変わりなく
コストコなんて行っちゃってのんきにお買い物して
夜、お風呂は体温が上がって母乳が作られやすくなるかもしれないので
シャワーだけ浴びました。

そして2日目。
朝から少し張ってきている気がしたので
痛くなる前に少し搾乳しておきました。

上3人の時に張るということを経験しなかったので
あまりいじらずにいようと、ほっとくことにしました。

が、夕方あたりから痛みはどんどん強くなり
ガチガチゴリゴリパンパンに石のように張ってしまったのです。
少しでも触れると痛すぎて、出したくもないのに涙が出てくるほど!

授乳をやめるにあたって、多少、胸が張る覚悟はしていましたが
まさかあんなにカチコチに痛くなるとは思わず
どうすればいいのだ~とネットで調べまくり!

とりあえず保冷剤を胸の外側から脇にかけて挟んで冷やし
夜、シャワーを浴びた時に
そーっとそーっと胸の外側から揉みほぐすように搾乳しました。

それでもやはり出しすぎは良くないかと、本当に痛みが和らぐ程度に抑え
ただひたすらに保冷剤で冷やし続けました。

このままでは子供達と触れ合うことも
末っ子を抱っこするのはもちろん
オムツを変えたり食事をさせたりするために抱えることもできないと思い

断乳後3日目、
4人目育児にして初の母乳外来を受けることにしました。

私は母乳がよく出るほうだったようで
1人目の子から、
体調を崩したり預かってもらうとき以外は
ほぼ完全母乳育児でした。

なので出ないで困ったことはなく
幸い、産後に母乳外来を受診したことも相談したこともなかったのです。

それがまさか4人目にして、しかも断乳後に
人生初の母乳外来を受けることになるとは、、、

 

4人目を生んだ産院がうちから15分の所にあって良かった。
とても人気のある産院らしいが
当日に連絡して午前中のうちに診てもらえて良かった。

到着すると、早速助産師さんが胸の状態を診てくれました。
「おぉ~!これはなかなか。痛かったでしょう」と言い
右の胸から順番にゆっくり優しく
左右それぞれ30分ずつくらいかけて揉みほぐしてくださいました。

やはりすべてを絞ってしまうと
またゼロから痛みと戦うことになるようで
少し硬さは残っているものの
昨日の痛みが嘘のように無くなりました。

我慢しないでプロの手を借りて正解でした。

助産師さんいわく
また我慢できないくらい痛くなったら
自分で痛みが和らぐ程度まで絞って良いとのことでした。
あくまでも絞りすぎに注意して!と。
痛くなければ何もしなくて良いそうです。

 

そして断乳後4日目。
助産師さんにマッサージしていただいてから一度も絞りませんでした。
多少張りを感じるし、まったく痛くないわけではないけれど
我慢できないわけじゃないし
痛みはどんどん薄くなっていっていました。

このまま、もう絞らなくて良さそうな気が。。。で、結局絞らずにやり過ごせました。

 

今回、助産師さんに言われた言葉の中に
「どの子の出産も自分の身体だけど、
出産・産後・子育て、全てが同じわけじゃないんですよ。
むしろ毎回全てが違うんですよ。」
というのがありました。

子育てに関しては、それぞれの子供ありきの話なので
常に違いを感じてはいましたが
母乳において、自分の身体・胸にまで、違いがあると思ってもいなかったな。

断乳にしろ何にしろ軽い気持ちで進めていたので
分かっているようで分かっていない自分の身体をあなどらないよう
改めて気を引き締めようと思ったりしてみました。

 

今回の教訓は
どんな事も毎回全てが違う。ということと
我慢しないでプロの手を借りる。ということですかね。

子供の言葉の発達、遅い事気にしてないけど指摘はされるもんだ

こんにちは、 ゆほけのです。

 

先日、末っ子の1歳半健診に行ってきました。

身長体重はいたって標準。内科、歯科も結果はどれも問題なく、

末っ子もお利口さんで、沢山の赤ちゃんが泣いてる中、堂々たる態度がこわいくらい(笑)

 

ただ一つ、おしゃべりに関してだけ先生から

「やっとしゃべりだしたところかな?大丈夫ですよ。心配ないです。でも、2歳になってもこの状態だったら一度専門医に診てもらったほうがいいかもしれないね~」と言われました。

 

ちょっとビックリ。

最近、「パパ」や「ママ」、「(いないいない)バァ!」と意味あることを結構言い始めてるなと思っていた矢先だったので。

でもそう言われてから、周りの赤ちゃんを気にしてみてみると、なるほど・・・

「アンパンマーン」とか「やだ」とか、かなりハッキリお話してる子が。

 

4人目にしてまたしても、初心者気分。1歳半て、もう少し話すんだっけ???

 

うちは、娘はなんでも早かったんです。7か月くらいにはアンヨ、10か月くらいにはダッシュ・・・そう言えば、彼女が初めてきちんとお話らしいお話をしたのも、1歳半より前に『ぐるナイ』という番組の『ゴチ』を見ている時に、ハッキリクッキリと

「わ~!おいしそう~!」と言って、私を笑わせてくれたのでした。

でもそれって、娘が早いだけって思ってた。周りの人が、早いね~早いね~って、すごい言ってたから。

 

男子たちはみーんなスロースターターで、長男も次男も1歳になるかならないかでやっとヨチヨチアンヨが始まり、おしゃべりなんてだいぶ経ってからで、しかも通じる言葉はなかなか出てきませんでした。

 

育児書たるものをきちんと読まない私。それぞれの発達はそれぞれのスピードでいいんじゃない?と呑気に過ごしていました。

育児書読まないうえに、忘れっぽいから、4人産んでるけど毎回それぞれの発達過程で、あれ?こんな感じでいいのかな?まぁいいか?と、初心者気分で進めつつ、ズボラに見過ごす。を繰り返しています。

 

で、4年ぶり4回目の1歳半健診で驚くこととなるのです。あ、もうちょっとしゃべるんだ・・・と。

 

そう言えば、次男の3歳検診でもおしゃべりにチェックが入ったことを思い出しました。

「発達に関してなんでも気になる方は専門医が来てるので、残ってください」と、保健師さんが言っていたけど、私は気にしてないから帰ろうと思ったら

「診てもらいなさい!診てもらいなさい!安心するから!」

って、ぐいぐい言ってくる。

いや、気にしてないんですよ私。

でも押しに負けて専門医に診てもらうことに・・・

で、結局、専門医から言われた言葉は、

「お父さんお母さんだけじゃなく、お姉ちゃんお兄ちゃんもいるから、みんなが色々先回りしてやってくれるから、話をしないで済んじゃってるだけじゃないかな~気にすることないわよ~」だって。

だから気にしてないんですよ。って思いながら、長男の幼稚園バスの時間が迫ってたから大急ぎで帰ったのでした。

 

そして未だに、、、来年一年生になる次男はところこどろ赤ちゃん言葉。

「おはよう」 → 「オヤヨー」

「〇〇くん」→ 「〇〇チュン」

他にも沢山ありますが、家族はみんな理解できてるし、上の子の友達も次男と遊んでくれてるときに普通にコミュニケーション取れているし、気にしてなかったんです。

可愛いし。

まぁ可愛いけど、一応ちゃんとした言い方を教えたほうが良いのかな~?!と思って、毎回、次男の発音がおかしい時には、正しい発音で軽く言い直していました。

 

それを、末っ子の1歳半健診の時にかるーく話したら、
なんと「言い直し」、それってやらないほうが良いんですって!

本人は、耳は普通に聞こえるから、聞こえてる通りに言ってるつもりなのに、周りの人が言い直ししてくる。

おかしいのかな?と、気にしだす。

話をするのをこわがってしまう。

という悪い結果になってしまうと。確かに!目から鱗でした。

たいして気にもしてなくて、ずぼらに子育てしてるくせに、中途半端におしゃべりを教えようとして、まったく逆のことをしてたなんて。

幸い次男は周囲の言い直しに臆することはなく、赤ちゃん言葉おりまぜながら、ペラペラペラペラ・・・すごくおしゃべり君なので良かったです。

 

ホントに子供の成長はそれぞれだから、見守ってあげよ~う!と、心底思った日でした。

ちなみに、問題があるほどおしゃべりの発達が遅いと感じるようなら、今通っている幼稚園や保育園からすでにお話が来てるはずですよと、保健師さんはおっしゃっていました。

気になっている方は、保健師さんや通っている幼稚園の先生に相談してみると良いかもです。

私が赤ちゃんを迎えるための必須アイテム② ベビーカー

こんにちは、ゆほけのです。

なんでも適当でズボラな私が、赤ちゃんを迎えるにあたって事前に準備したアイテム2つ目は
ベビーカーです!

普通です。普通なんですけど、どこに出掛けるにも絶対必需品。
赤ちゃんて可愛い。可愛いけど、ずっと抱っこしてると当然重い。
足腰に自信のない我々夫婦はなるべく抱っこしないでお出掛けをしたかったので、ベビーカーは必需中の必需品でした。

ちなみに余談ですが
抱っこ紐もそれはそれで大変便利ですが、
私がかの有名なエルゴさんをゲットしたのは4人目を産んだ時です。
抱っこしなきゃいけなくなるからいらないと、頑なに拒んでいた私に
さすがに必要でしょう!と必要のなくなったお友達が、半強制的にくれました。
使ってみたら、思った以上に登場回数が多くて
上3人の時はどうやってやり過ごしていたのだろうと不思議なくらいです。
が、それはまた別の時にお話しします。

さて、ベビーカーの選ぶ基準。これ、悩みますよね。
この世はどんなものも種類が多すぎます。
ベビーカーも例にもれず・・・
A型?B型?AB型?
四輪?三輪?ハンドルの形は?
国内メーカー?外国メーカー?
色は?などなど。

 

答えは、『好み』の一言に尽きます!

その一言に尽きるのですが、ちょっと今後の参考に私の体験を書きます。

 

私が一台目を購入した時に重視したのはベビーカー本体の重さ。
いかに軽量であるか。
というのも、当時私達が住んでいたマンションにはエレベーターがなく
ベビーカーを2階の我が家まで抱えて運ばなくてはならなかったのです。

買い物に出かけて帰ってきたとき、
娘を抱いて買ってきたものを持って一度部屋に上がり
そのあともう一度、娘を抱いてベビーカーを部屋に運んでいたから。
何より軽量であることが重要でした。

そして、新生児期でも大きくなってからでも使えるようにと
AB型に決めていて、当時それらの希望にかなっていたコンビのベビーカーをゲットしました。

しばらく問題なく使っていましたが、
2歳を過ぎたころかな、体が少し大きくなり足も長くなって
普通に座っていてもつま先が地面スレスレになってしまったので
足がついて引きずられるようになったら危ないし
2人目が欲しいと思い始めていたので
二台目に座面が高いB型ベビーカーの購入を考え始めました。

そこで軽く調べて目に留まったのがアップリカのクッキーシリーズ。
当時はまだそれが出たばかりだったのか
うちが購入したのは、リクライニング機能がありませんでしたが
座面が1台目に購入したものよりはるかに高く
子供の足が地面に擦れる心配もない上に
ハンドルの位置が高く、背の高いパパが押しても負担が少なかったのです。

ハンドルの位置が高いのはまったく予想もしていなかったのですが
これによって、主人が押してくれる機会が増え
ちょっとしたことではありますが、私の身体的な負担も軽減されました。

その後、まだ3人にも4人にも子供が増えるとは思ってもいなかった私は
一台目のベビーカーをお友達に譲ってしまい
また、新生児から乗れるベビーカーを購入したのですが・・・

 

三台のベビーカーを買ってみた私的、ベビーカー購入チェックポイント

  • 乗せる時期・・・生まれてすぐから使うならA型。しばらくベビーカーで外出する予定がないならB型。長く使いたいならAB型。
  • ベビーカー本体の重さ・・・抱える機会が多いなら軽くするか、あまり気にしないか。
  • 大きさ・・・特に幅が種類によって全然違います。電車を利用する機会の多い方は幅を確認すべき。改札ギリギリ、または広いところじゃないと通れないものもあります。
  • ハンドルの形・・・左右離れたものと一本でつながっているものがあります。私は一台目は一本でつながったタイプでした。子供を抱っこして片手で押すときに真ん中を握れるので便利です。二台目は離れたものでした。小回りが利いて平均的に移動しやすかったです。
  • 座面の高さ・・・高いほうが何かと良いと思います。足は地面につかないし、熱い季節は地面からの照り返しが離れているほうが弱いので熱中症予防になります。
  • 床下収納・・・座面の下の収納部分が大きく深いほうが当然荷物が沢山おけます。さらに、座面と収納かごが離れているほうが荷物の出し入れがいやすいです。ハンドルに荷物をかけることもできますが、赤ちゃんより荷物が重いとベビーカーが後ろに倒れてしまうことがあるので、下に荷物を入れたほうがベビーカーが安定します。
  • 日よけ・・・日よけの幌が浅いと赤ちゃんに沢山日が当たってしまい、当然日焼けします。幌が深いか、レインカバーのように足元までの幌が別途取り付け可能なものがおススメです。
  • リクライニング機能・・・絶対必要なものではありませんが、赤ちゃんが寝てしまったとき、背もたれを倒してあげたほうがやっぱり気持ちよさそう。背もたれが起き上がったままだと、首が極端に曲がって苦しそうに見えます。

 

これらを参考にお店やネットで探すといいかと思います。実際に押してみると機種による違いを大いに感じられるので、赤ちゃんが産まれる前にでも、パパとデートがてら、ベビーカー巡りをしてみてもいいかも。いくつかお目当てのものを絞って、最終的にネットで価格比較してポチっとするのがおススメです。

私が赤ちゃんを迎えるためにの必須アイテム① ハイローチェア

こんにちは、ゆほけのです。

 

しつこいようですが、私には4人の子がいます。

自慢できることではありませんが、私は何事も前もって準備をしておくタイプでも、使い終わったものを次のためにきちんと取っておくタイプでもありません。

なので妊娠するたびに、赤ちゃんのための準備を一から始めるのです。それも、かなり適当に、かなりギリギリに。

でも、そんな私でも赤ちゃんとの生活で絶対外せないものがいくつかあり、それらだけは、ちょっと早めに準備していました。

そんな私にとって、赤ちゃんと暮らすための必須だったアイテムをいくつか紹介します。これはあくまでも4回の経験から基づく私の独断と偏見で選んだ物たちです。

 

ハイローチェア

自動装置は必要ありません。背もたれが倒れたり起きたりする機能が付いていて、高さ調節ができ、スイング機能とキャスターが付いていれば、どこのメーカーでもこだわりはありません。

赤ちゃんは産院でどのようなベッドに寝ているでしょう?私が出産した産院、3か所はだいたい同じようなものでした。大人の胸のあたりまでの高さで、クーハンくらいのサイズの箱型のベッド。籐であったり、透明なプラスチックであったり、ベッド部分の素材は色々でしたが大きさはどこもだいたい一緒。キャスターが付いていて、そこに寝かせて病室と看護師さんのお部屋を押して移動していました。

という事は、退院をしてまず赤ちゃんをどこに寝かせるか。となったの時に、寝室に設置したベビーベッドでは目が届かず不安。リビングのソファの横や、ダイニングテーブルの横に自分の動きと共に移動できるハイローチェアはかなり病院のベッドに似ていて親子とも安心できました。

使ってみると、病院と環境が同じだからか4人とも安心してよく寝てくれていました。ちょっと愚図っても、キャスターが付いているので前後にゆらゆら動かすと気持ち良いらしく、またスヤスヤ。ゆらゆらさせる時に腕で押してみたり、床に座って足だけで押してみたり、動かし方を工夫すると産後のストレッチになるので自動装置はないほうが良いです(笑)

オムツ替えも楽々。お母さんが立ってやるほうが楽な時は一番高い位置で、立つのが面倒で座ってやりたい時は一番低くして、高さ調節機能が利いてきます。おむつを替えるときは、スイング機能とキャスターのストッパーをかけたほうがやりやすいです。

寝返りを打つようになるくらいまでは、お風呂の時にも大活躍です。

ハイローチェアに湯上り用のバスタオルを広げてセットして、お風呂のドアの前に移動させておきます。で、お風呂を出たら一番に赤ちゃんをそこにゴロンとさせてバスタオルで包む。急いで自分もタオルを巻いて、ハイローチェアをリビングのベビー服をセットした所まで移動。ハイローチェアの上でよく赤ちゃんを拭いてあげたら、お洋服を着せて完了。急いで自分も服を着ます。季節によって、赤ちゃんが風邪を引く心配がなければ、ハイローチェアに寝かせている段階で、先に自分が服を着ることも可能です!

お料理するときに愚図った時もキッチン横に連れてこれるので安心です。

我が家はそもそも、犬を飼っていて、乱暴な犬ではありませんでしたが、赤ちゃんとの初対面に、間違いなくクンクンにおいを嗅いだりミルクの良い香りのするほっぺをペロペロするだろうと、始めからリビングの床に赤ちゃん用の布団を敷くことは考えていなかったというのも一つの理由です。

 

このハイローチェア、離乳食が始まった時にまた便利なのです。たいていのハイローチェアはテーブルがセット商品として付いていますし、テーブルが付いていなくても、自宅のテーブルの高さに合わせて高さ調整し、背もたれを起こしベッドではなく椅子として利用します。

だいたいのハイローチェアは4歳ごろまで利用可能なので、その間にゆっくり子供用の椅子を探せます。また、撥水加工のカバーなども別売りであるので、食べこぼしの処理も楽ちんです。

 

決して広くない我が家でも用意しておきたいと思えたハイローチェアは私のナンバーワンヒットです。ただ、家の構造、間取りなどでかえって使い勝手が悪いと思われる方もいるかと思います。あくまでも、これは私の独断と偏見・・・。

他のアイテムについては、また次の記事で書きたいと思います。

次男が主人に叱られたのは私のせいだったかも

こんにちは、 ゆほけの です。

今日、次男が主人にこっぴどく叱られました。

次男と言っても、4人姉弟の3番目。つい1年前まで末っ子気分で生きてきた5歳。自由奔放、天真爛漫少年。

メンタルが強く、転んでもただでは起きないタイプ。やられたらやり返すタイプ。

たとえ相手が大人でも親でも他人でも、注意されて大人しく聞くタイプじゃないんです。

普段は仲良く楽しく過ごす主人のことを、一度怒り出すと長女も長男も恐れおののき泣きじゃくるのですが、次男は泣いたとしても、そのあと主人のことをつねったりするのですw

 

そんな次男が、幼稚園から帰ってきてお昼ご飯を食べ終わると、子供部屋で過ごし始めました。

私が見に行くと、布団をかぶってDSをやっていました。

暗くて目が悪くなるからやめなさい。と注意する私。

注意するも、なんとなくなぁなぁな感じで見過ごしてしまいました。

 

少しして長男が帰ってきて、宿題やサッカーに行く支度をしている中、まだ次男がリビングに戻ってこないことに気付き

私は長男に、次男がDSをやっていたらやめさせてリビングに来るよう伝えてと頼みました。

 

が、突然主人と次男の叫び声が聞こえました。

主人も私が注意したあと、一度注意しに行ってたようで、そのあとも私がなぁなぁに注意しているので、自ら次男の様子を確認しに行ったのでした。

怒る主人嫌がる次男。

次男は子供部屋からリビングまで連れてこられて、大きな声で怒鳴られていました。

 

いつも怒られても牙をむくように相手を睨みつける次男が大泣き。

注意されたことを一度で聞かないこと。親の話をゲームしながら聞いていたこと。返事をきちんとしなかったこと。などを注意され

DSはしばらく使用禁止、三男の面倒と私の手伝いを率先してやるよう約束させられ、お説教は終わりました。

 

そのあとの次男はいつもと別人。

いつもならおもちゃにあたり、部屋の隅に座り込むのですが、今回の主人は気迫が違い私でも怖いと思ってしまうくらい厳しくっていました。

ので、反省したのか主人を恐れてか、部屋の片付けをし、私に手伝うことは無いかと泣きながら聞いてきました。

 

子供への注意の仕方って、人それぞれ、家庭それぞれあると思います。

普段は私が細かいことを注意する、いざとなったら主人が叱り、家で一番偉くて怖いのは父親だと子供達に認識させるという、うちの形、私は良いと思っています。

私が言って聞かないことを、最終的に主人が雷を落としてくれると助かりますから。

 

でも、主人はけじめを意識するタイプのようで

普段の楽しく仲良くしている時と叱る時の差が激しすぎます。なるべく主人が雷を落とす日が来ないように、私がきちんと子供達を注意しないと!と思ってしまいました。

だって、普段私の子育てはじめ、生活全般に口出したり文句言ったりしない主人ですが

初めて、私が子供達に自由と選択肢を与えすぎてるかもしれないね、、、とやんわり言われてしまいました。

 

ということは、今回次男が猛烈に叱られたのは、私のせいだったのかもと、可哀そうになってしまいました。