末っ子の断乳後、胸の張りがつらい件

こんにちは、 ゆほけのです。

末っ子の断乳に見事成功してから喜んだのもつかの間、タイトルの通り胸が痛くてつらかった時の話を書きます。

 

末っ子は断乳の翌日から夜泣きをすることなく
その後の3日間とも夜中に起きることはありませんでした。
とても順調。

 

上3人と違って、眠くなったりすると
自ら私の洋服をめくって勝手に授乳を始めようとするほど
おっぱい依存になっていたので

卒乳してからはしばらく、精神的に不安定になるのでは
と、心配していましたが
まったくの私の思い過ごしだったようです。

 

朝は気持ちよく7~9時の間に目を覚まします。
だいたい、小学生チームか主人か幼稚園チームの誰かが
出かける支度でバタバタしていると起きるのです。

そして起き抜けから絶好調によく食べ、お昼も沢山食べ
午後に一度お昼寝をして
お昼寝から目が覚めたころに上の子達とおやつを食べ
お夕飯もガッツリ食べたらお風呂に入って
20時半~21時頃に絵本を読んで電気を消しておやすみなさい。

 

と、不安定どころか
むしろ素晴らしく規則正しくご機嫌に生活している末っ子。
勝手に心配していて、なんだか寂しく恥ずかしい私。
子供の順応性ってすごい。

 

前置きが長くなりましたが、そんなわけで
断乳後末っ子は特に問題なく過ごしていました。

 

ツライ思いをしたのは私のほうでした。

断乳決行翌日は特に変わりなく
コストコなんて行っちゃってのんきにお買い物して
夜、お風呂は体温が上がって母乳が作られやすくなるかもしれないので
シャワーだけ浴びました。

そして2日目。
朝から少し張ってきている気がしたので
痛くなる前に少し搾乳しておきました。

上3人の時に張るということを経験しなかったので
あまりいじらずにいようと、ほっとくことにしました。

が、夕方あたりから痛みはどんどん強くなり
ガチガチゴリゴリパンパンに石のように張ってしまったのです。
少しでも触れると痛すぎて、出したくもないのに涙が出てくるほど!

授乳をやめるにあたって、多少、胸が張る覚悟はしていましたが
まさかあんなにカチコチに痛くなるとは思わず
どうすればいいのだ~とネットで調べまくり!

とりあえず保冷剤を胸の外側から脇にかけて挟んで冷やし
夜、シャワーを浴びた時に
そーっとそーっと胸の外側から揉みほぐすように搾乳しました。

それでもやはり出しすぎは良くないかと、本当に痛みが和らぐ程度に抑え
ただひたすらに保冷剤で冷やし続けました。

このままでは子供達と触れ合うことも
末っ子を抱っこするのはもちろん
オムツを変えたり食事をさせたりするために抱えることもできないと思い

断乳後3日目、
4人目育児にして初の母乳外来を受けることにしました。

私は母乳がよく出るほうだったようで
1人目の子から、
体調を崩したり預かってもらうとき以外は
ほぼ完全母乳育児でした。

なので出ないで困ったことはなく
幸い、産後に母乳外来を受診したことも相談したこともなかったのです。

それがまさか4人目にして、しかも断乳後に
人生初の母乳外来を受けることになるとは、、、

 

4人目を生んだ産院がうちから15分の所にあって良かった。
とても人気のある産院らしいが
当日に連絡して午前中のうちに診てもらえて良かった。

到着すると、早速助産師さんが胸の状態を診てくれました。
「おぉ~!これはなかなか。痛かったでしょう」と言い
右の胸から順番にゆっくり優しく
左右それぞれ30分ずつくらいかけて揉みほぐしてくださいました。

やはりすべてを絞ってしまうと
またゼロから痛みと戦うことになるようで
少し硬さは残っているものの
昨日の痛みが嘘のように無くなりました。

我慢しないでプロの手を借りて正解でした。

助産師さんいわく
また我慢できないくらい痛くなったら
自分で痛みが和らぐ程度まで絞って良いとのことでした。
あくまでも絞りすぎに注意して!と。
痛くなければ何もしなくて良いそうです。

 

そして断乳後4日目。
助産師さんにマッサージしていただいてから一度も絞りませんでした。
多少張りを感じるし、まったく痛くないわけではないけれど
我慢できないわけじゃないし
痛みはどんどん薄くなっていっていました。

このまま、もう絞らなくて良さそうな気が。。。で、結局絞らずにやり過ごせました。

 

今回、助産師さんに言われた言葉の中に
「どの子の出産も自分の身体だけど、
出産・産後・子育て、全てが同じわけじゃないんですよ。
むしろ毎回全てが違うんですよ。」
というのがありました。

子育てに関しては、それぞれの子供ありきの話なので
常に違いを感じてはいましたが
母乳において、自分の身体・胸にまで、違いがあると思ってもいなかったな。

断乳にしろ何にしろ軽い気持ちで進めていたので
分かっているようで分かっていない自分の身体をあなどらないよう
改めて気を引き締めようと思ったりしてみました。

 

今回の教訓は
どんな事も毎回全てが違う。ということと
我慢しないでプロの手を借りる。ということですかね。

末っ子の断乳、突然に実行した件

こんにちは、ゆほけのです。

断乳。それは、ある晩に突然行われました。
はっきり言って末っ子の断乳は見事な成功っぷりでした。

突然と言っても、最初に卒乳を考え始めた時から
私としての準備はじわじわと始めていました。

離乳食が順調に進んでからの数か月間、
授乳は夜の寝かしつけ時と夜泣きをした時だけと決め
日中はまったくあげていませんでした。

そして、主人が出張があるというので
それに合わせて断乳に向け夜泣き時の授乳も少しづつ減らしていました。

主人の出張に合わせて断乳をしようと思ったのは
断乳によって末っ子が泣き続け、
主人が眠れず、翌日の仕事に差し支えてはいけないかなという
一応私なりに主人に気を使ってみたことです。

しかし断乳決行予定の日、主人はお休みでした。
出張で家を空けるどころか、末っ子が寝付く瞬間から
いや当然その前から、1日中家にいました。

夜泣きで寝不足続きの私を言葉ではねぎらってくれますが
休みのたびに、遅くまで起きてこなくて
更に昼寝か夕寝をする主人に
、、、協力してもらってもバチはあたらないか?!
と思ってしまった私。

そんなわけで、断乳は主人のお休みに決行。
主人への些細な気遣いなんてどこへやら・・・

寝かしつけはいつも通り授乳で。
昼寝を1時間もしていなかった末っ子はすぐに眠りにつきました。

それから数時間はよく寝てくれました。

いつもだいたい主人が寝室に行くと
その足音でか、布団に入るときのベッドのきしみでか
うっすらと目を覚ます末っ子。
それが2時前後。

そこから夜泣きとなるか、うまいこと眠れるかは
運とタイミング次第。

この日も、主人が布団に横になると案の定目を覚ました末っ子。
別に責めているわけではないけど
この時間の目覚めはほぼほぼ主人のせいかと・・・こっそり思っていました。

泣き始めたのにおっぱいをくれない母に対して
更に泣く末っ子に、主人にも少しくらい付き合ってもらっても良いよね~

上の三人が赤ちゃんの時も寝かしつけは授乳。
夜泣きから授乳をしないでそのまま卒業という形でやったので
今回もほかの方法は全く考えずその方法で。

泣き始めてから、色々な手段で泣き止ませよう
眠らせようと頑張りました。
抱っこはもちろん、歩いてみる、ベッドのスプリングで揺れてみる
お水を飲ませてみる、子守唄を歌ってみる、添い寝をする
まぁありがちな手段ですが。

彼は3時間泣き続け、突然ぱたりと眠りました。
普段長泣きをしない末っ子のあがき。
力を振り絞って泣き続けたけど、もうおっぱいはもらえないんだ!
と悟った瞬間だったのでしょう。

それから朝まで眠り、
翌日はいつも通りの生活をし、
お風呂でお互い裸になっても欲しがることもなく
拍子抜けするくらい順調に夜になりました。

さて、いままで授乳からの入眠という儀式しか知らない末っ子をどう寝かそう。
軽く悩み、とりあえず王道で行くことにしました。

結末が眠りにつながる絵本を一冊読み、そのあと電気を真っ暗にして添い寝。
意外にも拒否らない。
おっぱいも欲しがらない。
何度か起き上がったり、枕元のライトをいたずらしようとしましたが
あっさり寝てくれました。

その夜は夜泣きなし!またしても拍子抜け。
でも、翌日から夜泣きをしないなんて優秀でそれだけで私は幸せな気分。

そんなわけで、人生最後の授乳生活に幕を閉じました。
この先授乳をすることが一生ないのかと思うと、ちょっと寂しいけど
夜中の授乳に悩まされる日々からの解放は素晴らしい(笑)

こんなに順調だとかえってこわいくらいでしたが
結局その後も、おっぱいを欲しがったことは無いし
夜泣きもほとんどしない生活を送れています。

それどころか、もう同じ部屋でも寝ていません。
パパママより、ネエネニイニ達と寝るほうがいいらしい。
・・・自立が早くて、なんか寂しい・・・

卒乳を考え始めた時のこと

こんにちは、 ゆほけのです。

我が家の末っ子、今1歳半になります。
今日は末っ子の断乳を考え始めた時のことを書こうと思います。

我が家の末っ子が1歳になる頃。
まだ立たないし、それどころかハイハイすらしません。
移動はもっぱら高速ズリバイ。

それでも伝い歩きはし始めたし、
ソファに登ったりする筋力はつき、恐ろしく食欲旺盛。

離乳食を順調に食べ進み、
今はほかの姉弟たちとあまり変わらない食事、
ほかの姉弟たちとあまり変わらない量(我が家は皆大食い!)を
食べられるようになっています。

スプーンなどのアイテムをまだ使えないし
掴み食べが汚すぎてひどいことをのぞけば、いっちょ前!

そこで、私の脳裏をちらつき始めること、
それは卒乳です!!!

我が家はみんなおりこうな赤ちゃんでした。
その中でも末っ子は生まれた時からかなり手がかからず
よく飲みよく寝てくれる子でした。

新生児だというのに、
21時前後に授乳したら翌朝の9時頃まで
12時間睡眠してくれたり
そこまでいかなくても
私は毎日、産後とは思えないようなまとまった睡眠をとれていました。

それが!だのに!なぜ!

1歳になる頃、突然必ず3時前後に泣くようになったのです。
自慢じゃないが私は
帰りの遅いパパを待って食事を出して
食事が終わるのを待ってから寝るので
お布団に入るの2時頃なのに~(先に寝ればいいだけ)

さらに6時45分に目覚ましをかけている私を
6時過ぎには泣いて起こします。あと30分くらいだから寝かせて~
授乳して寝たら、
もうすぐに起きる時間じゃ~ん(小学生チームは6時に起きてます)

もっともっと眠れない、
夜泣きに悩むママは沢山いらっしゃるでしょうから
贅沢な悩み、もはや悩みにもならない愚痴でしょうが

それでも私にとったらツライ夜中と朝の授乳。
人それぞれですが
これがツライと感じ始めたら卒乳だと私は勝手に思っています。

ところで上三人の卒乳はどうしたかな?思い出してみました。

もともと行き当たりばったりケセラセラな性格の私は
初めての赤ちゃんである長女の諸々のお世話も
かなり適当にゆる~くやってきました。

(そんな性格で他にストレス感じることがないから
夜泣きを最大のストレスと感じるのかも?!)

それでもさすがに長女の時は初めての卒乳。
一大イベントとして考えながら進めました。
あまり開かない育児書で調べてみたり、、、
ネット見まくったり、、、

卒乳って?
最近は授乳を赤ちゃんのペースに合わせて
自然とやめましょう、卒業しましょう・・・ってことで
授乳をやめることを『卒乳』というらしい。
で、自然とやめれず、ママのペースでやめることを『断乳』というらしい!とか。

てことは私が睡眠を欲しているという理由で授乳をやめるんだから
うちの子はみんな『断乳』させられたってことかな?!

やり方は色々あるみたいだけど
とりあえず長女の断乳は
徐々に減らしていく作戦にしました。
長女がやめれても、私が乳腺炎になったら困るので
お互いの準備期間です。

そして一週間くらい過ぎた、私が勝手に決めた決戦の晩、
最後の授乳をして長女を寝かしつけました。
長女にも心の準備が必要かと思い
「これで最後だよ。おっぱいバイバイね。」と何度か伝えました。
準備期間中もちゃんと
「〇〇日におっぱいやめようね。」と伝えていました。

さてその晩、長女は2回ほど夜泣きしました。
そこで1回目の夜泣きでは
ネットで知った奥義(笑)を試してみました。

それは乳首にワサビを塗って赤ちゃんに出す!
あなたは何にも悪くないんだけど、
もうおっぱい美味しくなくなっちゃったの。
ごめんね!という気持ちでね(笑)

ほんとにちょっと、唇に付くか付かないかくらいしかあてませんが
赤ちゃんにとったら人生初の刺激。
これは泣いてたなぁ~。

この技が正解かどうかは未だに謎ですが
その衝撃で長女は完全におっぱいを嫌がりました。
ちなみにこの技、ママも相当痛い。しみます(笑)

その後と2回目の夜泣きは、
この山を越えれば!!!という思いで
抱っこしながら揺らして乗り切りました。

で、翌日から長女がおっぱいを欲しがることは無くなり
夜泣きもほとんど無くなり
私はめでたく1年半ぶりに連続7時間睡眠を手にしたのでした。

意外とあっさり。すんなり卒業してくれた長女の経験から
長男と次男の卒乳(断乳?)はかなり私ペース。

1歳を過ぎ、
気付けばあんまり昼間に授乳してないな~
夜もっと寝たいな~
と思ったその晩の夜泣きから突然、おっぱいをもらえなくなるのでした。

長男と次男の時はさすがにワサビ技は使いませんでしたよ。

彼らは2日間くらい夜泣きしましたが
どちらも抱っこで乗り切り
夜泣いてもおっぱいをもらえないと理解したのか
3日目くらいから夜泣きすることは無くなり
晴れておっぱい卒業となりました。

てなわけで、三男も
ある日突然おっぱい卒業の日を迎えることとなります。

ちなみに卒乳の目安の一つに
授乳しなくても、
離乳食で栄養をとれていて
ストローやコップから水分摂取ができていれば良いそうです。
そりゃそうですね。

末っ子、そのへんすでにクリアしていたので
断乳に問題なし♪ということで、断乳 本編へ・・・

卒乳後に気付いても遅い、授乳中に胸はどんどん小さくなっています。ナイトブラも忘れずに!の件

産後胸ケア

こんにちは、 ゆほけのです。

 

突然ですが、妊娠中また授乳中の方に声を大にして言いたいことがあります。

特に完全母乳育児を予定している方に聞いてほしい。

産後胸ケア

「産後、きちんとブラジャーをしましょう!!ケアしないと胸、なくなります!えぐれますよ~!」

 

やっぱりブラジャーって大事

やっと重たいお腹が軽くなり、

大変なお産が終わり、

一息つく間もなく赤ちゃんペースの生活が始まり、

ブラジャーの締め付けくらいからは解放させてよ~と思いますよね。

私は思いました。

だから私も産後、ブラジャーしてません。4人の子全部。

 

妊娠中からすでに、つわりがひどくなるにつれて、ブラジャーって何?くらいな勢いでしていませんでしたから。

そして授乳中の下着はもちろん、ブラジャーではなく、ブラトップか授乳用キャミ。

だって楽チンだから。

更に1人目2人目の時なんて、卒乳後も楽チンだからとブラジャーを着けず、ブラトップで過ごすクセがついていました。

 

でも、1人目の卒乳後、

パジャマ姿の私を見た主人から「あれ、そんなに胸小さかったっけ」

というデリカシーのない言葉を投げつけられたときに気付くべきでした。

 

1人目の子を妊娠してから4人目の子の卒乳をするまで、約11年。

そのうちの半分をブラトップと授乳キャミで過ごしたことになるのかな。

 

その結果、もともとCカップあった胸は、

授乳中に毎回母乳でパンパンに張りⅮかEをウロウロし、

現在はなんとAあるかないか・・・という状態。マジで・・・

 

よほど胸の専門家じゃない限り、知らないでしょ。

え?卒乳すると胸なくなるの?ってなるでしょ。

そうなってから必死でネットで調べまくって、

授乳後の乳腺が・・・とか、クーパー靱帯が・・・とかいう言葉を知るんですよ。

ちょっと私は4人分と時間がかかりすぎちゃったけど。

 

だって、妊娠中や授乳中に、卒乳後の胸にご用心!って育児書にも載ってないですよね?!

(そもそも育児書とか読まないけど)赤ちゃんの成長過程を詳しく解説しているものはあっても、

それと並行してお母さんの体、特に胸について気を付けるポイントが記されているものって、あんまりないんじゃないかな~。

書かれているとしたら、「乳腺炎」にならないようなケアのことばかり。

最終的にこんなにえぐれたように小さく、小さいうえに垂れて離れた胸になるなんて夢にも思ってなかった・・・!

 

正直、3人目の卒乳後、あれ?妊娠前よりかなり胸小さいな?!

って、うすうす思ってたけどもともと痩せ体質で胸も小さかったから、

気のせいかなって現実逃避(笑)

だけど、四人目の卒乳後は現実逃避もできないくらい、

胸のサイズダウンはもちろん、デコルテまで骨ばっちゃって、

小学生の娘よりペッタンコになってるような(涙)

 

4人目卒乳後に体重が3キロ落ちた私。

そのことを主人に伝えると、私の体のある部分を見て「分かりやすいね」と。とことんデリカシーがないね。

 

授乳後胸ケア

 

卒乳後に胸が小さくなるのはなんで?

ではそもそもなぜ卒乳後の胸がしぼんでしまうのか、、、

胸というのは、

乳腺と脂肪とクーパー靭帯というものでできていて、

胸の脂肪細胞は、乳腺を守るためについているものなので、

産後に赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激で急激に乳腺が発達してくると、

それを守るためにも乳腺脂肪がどんどんついて、胸が普段よりもかなり大きくなります。

 

でも、卒乳して、母乳を作る必要がなくなると、

赤ちゃんからの刺激がなくなって、乳腺はみるみる役割を終えて小さくなっていくのです。

 

授乳中の胸って、母乳を含んでかなり重たくなっています。

その重みを支える部分がクーパー靭帯。

クーパー靭帯が必死で胸の重みを支え耐えても、

更にそれをブラジャーで支えてあげていないと、

クーパー靱帯自体がコラーゲンでできた繊維質なので、揺れや重みで伸びてしまうんだそうです。

クーパー靭帯は一度伸びると元に戻しにくいものなんだって。

 

これが、産後の胸をしぼませたり、垂れさせたりする理由。(かなり調べまくった(笑))

 

つまり、産後、授乳中もきちんとブラジャーでクーパー靱帯を支えてあげていないと、

しかも私のように卒乳後ものんきにブラトップで生活してると、

加齢とともに余計に垂れたり、ハリがなくなってもっとさみしい胸になっちゃいますよ。ってことなんです。

 

ぺちゃパイ化は夜進む・・・

そして、実は一番怖いのが寝ている時。

寝ている時の胸は、無防備過ぎです。

上に書いた、胸が垂れる理由を思い出してください。

 

そう、どんな時でも支えてあげないと、

胸は垂れるのです~!離れるのです~!縮むのです~!コワッ。

 

寝てるときの胸は、流れ放題、つぶれ放題・・・

 

で、最近はナイトブラの存在が重要視されているんですって。

それを知った私は慌ててナイトブラの着用を始めました。

いくつか試したけど、ナイトブラってあんまり細かいサイズ設定がないものがほとんど。

ペチャペチャの私にはブカブカしちゃって着けても意味がない感じ・・・

 

そんな中で発見したのが小さい胸の人専用のナイトブラ「エクスグラマー」。

私は全然知らなかったけど、ナイトブラ界・育乳界では結構有名みたいですwww

エクスグラマー

大きなパッドが付いていて、

このパッドは胸を大きく見せるためのパッドではなく

寝ている間も胸がサイドに流れるのを阻止してくれるよう計算されたものなんだって。

 

私の場合、寄せる肉もあまりないので大きくなる期待はしてないけど

やっぱりハリは戻って来てほしいし

どうせどれか買うなら、話題のを買ってみようと思って買ってみてつけ始めました。

 

指示通り、きちんと下から履くように上にあげて胸の位置までもっていき、

背中や脇の肉を胸に集めて整えて、ほぼ毎晩着用しています。

 

正直、公式ホームページに書かれているほど劇的に2サイズアップ✨とかはしませんが

朝、着替えるときに胸を鏡で見ると

ちゃんとふんわりおわん型にお肉の集まった胸になっているのを実感できています!

 

劇的変化を求める方にはおススメしませんが

私のような胸になっちゃって、ハリが戻ってくれるといいな~と思われている方にはちょこっとおススメですよ → エクスグラマー

 

ただ、ひとつしょうもないアドバイスを・・・

もし、ご主人や彼と今夜仲良しする!って予定のある方は

その夜はエクスグラマーを着用しないほうが良いかも。

私独自の感想ですが、結構脱ぎにくい(脱がしにくい(笑))です。

・・・ほんとしょうもないアドバイスでした。

 

 

もしもこの記事を卒乳前に読んでくださっていたら、胸のケアのこと、ナイトブラのこと、是非参考にしてください♬