ノロウィルス、家族内感染は地獄です。対策と消毒をしっかり!の件


こんにちは、ゆほけのです。

前回はノロウィルスが家族内で感染し地獄のようだったお話をしましたが、

みなさんはそうならないよう、しっかり予防対策してくださいね~。

家族が順番に病院に行き、医師やら看護師さんやら調剤薬局さんで毎回同じ話を聞いたので、

そこで得た知識をちょっとお伝えします。

 

ノロウィルスに感染するとこんな症状らしい・・・

  • ひどい下痢、腹痛、嘔吐の症状を引き起こす。
  • あまり高くないが熱が出る場合もある。
  • 潜伏期間は12~48時間。 1日から2日は危険ってことだね・・・
  • 有効な抗ウィルス剤がない。
  • 脱水症状を起こしやすい。

ちなみに私達が病院でもらったお薬は、吐き気止めと整腸剤と、38.5度以上の高熱が出た時用の解熱剤だけ。

出すもの出して、ウィルスが体内から消滅するのを待つしかないんだそうな。

 

出してるうちに、出すもの無くなって、水分どんどん出し始めるから

適度に水分補給をしないと脱水になっちゃうから気を付けるようにと言われ、

いわゆる経口補水液を勧められました。

  • OS-1
  • 「OS-1」がどうしても飲めなければ「ポカリスエット」(でもポカリじゃちょっと弱いな~って医師は言っていた)
  • 乳幼児なら「赤ちゃん用のポカリスエット」や和光堂から出ている「アクアライトORS

など。

 

ちなみに、赤ちゃんに水分をあげるときに注意しなければいけないのは、

のどが渇いてるからと言って、欲しがるだけ一気にあげてはいけないという事!

一口ずつ徐々に徐々に少しず~つあげないと、吐き戻しちゃいます!

私は娘が小さい頃、胃腸炎で何度もこの失敗をしています(恥)

小さい子供が、苦しそうに吐いた後、のど渇いたよ~って来てるのに一気にあげられないのって、すごく可哀そうなんだけど、心を鬼にしないともっと可哀そうなことになっちゃうんだな。

2歳くらいになると、自分で飲めちゃうから、キッチンに行って自分で飲もうとしちゃうから、それも要注意!ちゃんと見てないとヤバいです。

 

子供って、大人より体力があるのか、嘔吐と嘔吐の間に

あれ?治った?超元気?!

っていう瞬間があったりするから、なかなか目が離せない上に、絶対治ってないから油断禁物なんですよね・・・こんな状況で油断するのなんて私だけかもしれないけど。

 

さて、ウィルス感染者の嘔吐物、排泄物にはウィルスがうじゃうじゃ!

ウィルスって体から出た瞬間に、高く舞い上がって広く飛散するんだそうです。コワっ!

もし可能であれば、患者さんのお世話をする人と、家事をする人はきっちり分けて、処理する人以外はなるべく近づかないようにするのがベストなんですけど。普通のお家でそんなことできないですよね。

 

そこで、汚物の処理には細心の注意を!!

処理するときは、使い捨ての手袋、エプロン、マスク、靴下を装備して、処理後はすぐに外してすぐに捨てる。

まぁ、これも実は難しいんだけどねぇ。

吐きました!→使い捨てアイテム身につけます!→処理~!なんてやってる間に吐いた子供はぐちゃぐちゃになったりするからね(汗)

とは言え、なるべく頑張りましょう。家族のためだ!

 

そして、処理後の消毒・除菌ですが・・・

なんと、ノロウィルスにはアルコール消毒は効きませーーーん!

これって常識?みんな知ってることですか?うちは、夫婦ともに知りませんでした。

こういう洗剤系や消毒系のお話、全く分からないので、なんでもとりあえず手洗いの後はアルコールジェルして、お部屋にはファブリーズやリセッシュをシュッシュッと・・・していただけの私。

 

ノロウィルスには次亜塩素酸系で消毒しないといけないそうです。

なんでしょ?それ?

次亜塩素酸系の消毒液は、市販の「家庭用塩素系漂白剤」で作れるらしい。

ちなみに、「家庭用塩素系漂白剤」というのは「ハイター」とか。それを希釈して作れるんですって。

  • 感染者が触れた場所の消毒 → 漂白剤10mlに水2.5l(0.02%)
  • 嘔吐物排泄物が付着した場所の消毒 → 漂白剤10mlに水0.5l(0.1%)

漂白剤10mlというのはだいたいペットボトルのふた2杯分だそうです。

これで丁寧に拭きましょう。スプレーに入れてしまうと、顔に飛んだりして危険なので絶対にダメです。

 

色落ちの心配や、どうしても次亜塩素酸系で消毒できない場合は、85~90℃で90秒以上加熱すると感染力を失うそうです。

なので熱湯消毒も有効

 

と、教えていただいたのはこんな感じ。良かったら参考にしてください。

だけど、かからないのが一番。

手洗いうがいでの予防を!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です