ノロウィルス、家族感染の件


こんにちは、ゆほけのです。
やっと冬休みが終わりましたね。

冬休み、長かったな、、、

今日からやっと幼稚園も学校も始まる!と思い、張り切って目覚めた1月9日でした。
が、娘が私にあわてて言ってきた言葉は

「長男が吐いてる~!!」

トイレに見に行くと、長男が苦しそうにしていました。

 

嘔吐物は昨夜食べたもの。

この冬休み、長男はよく食べていた。もともと大食い兄弟ではあるけど、

2年生で1度にお餅を5個とか、ご飯5杯とか、全然体大きくないのにどこに入るんだろうと思うほど、ここ数日はいつも以上によく食べていたので、

こりゃ、食べ過ぎで、しかも早食いだから不消化かもな。と、思いました。

 

まあ、大事を取って年明け初日だけど、学校は休ませることにしました。
娘に長男の連絡帳を託し送り出したあとも、あれ?意外と結構吐く吐く。

 

しばらくすると、吐きながらひどい腹痛を訴えてきた。

そして、次は下痢。なかなかトイレからでれない長男。痛みとつらさで涙。

やっと出られても、知らないうちにお尻が汚れてる状態で結局トイレにUターン。

 

まちがいない、これは食べ過ぎによる不消化ではないな。ズボラ無頓着な私でもさすがに気が付きました。

長男の吐き気が落ち着き、下痢もトイレにこもらずにいられるようになるまで待ち、病院へダッシュ!

 

診断は ノロウィルス

前日、長男だけが歯医者とドラッグストアに出掛けたので、おそらくそのタイミングのどこかでもらってきたんでしょうね、、、ここだけの話、歯医者がかたい。言っててもしょうがないけどね。こんなの運みたいなものだから。

 

さて、6人家族の我が家。誰一人にもうつらせるな!と、ちょうどお休みだった主人が家事担当、私が長男担当ときっちり分かれて行動しました。

幸い、娘と次男は学校と幼稚園が始まり、午前だけでもうちにいなかったので、長男との接触はなかったのですが、、、
三男!1歳の三男は当然うちにいます。

しかも長男のことが大好き!

長男に遊んでもらおうと、隙あらば近づく。主人が遠ざける。嫌がる。私に甘えたがる。近づく。主人が遠ざける。泣く。

もう何をやってんだか、いたちごっこ。

それでもなんとかやりすごしたその晩は、長男の体調もすっかり回復の兆し。吐き気は全くなく、下痢がちょっぴり、たまに出るくらい。

 

ノロウィルスって、感染力は強いみたいだけど、回復は結構早いんだ~と、夫婦でホッとしたのでした。
翌日、たまたま主人が連休だったため、だいぶ本調子になったけれど、念のためまた長男担当と家事担当に分かれて過ごしていました。

昨日同様、娘は学校、次男は幼稚園だったので、何事もなく穏やかに昼が過ぎていき

長男はお腹が空いたと言いだし、お夕飯の時には柔らかく茹でたうどんを少し食べれるようになっていました。

 

これにて我が家の初ノロウィルス事件簿は幕を閉じるかと思った、その時、、、

 

三男が吐いた!!!

 

ラグの上で吐いたので、私がその片付けをしていたらまた吐いた。

それを拭いていたらまた吐いた。

ビニール袋にタオルにと、あれこれ用意してもらってる間にまた吐いた。

無限ループ。先程までもノロウィルス患者がいたとは思えないほど手際の悪い私達。

もう終わりだと思って油断しまくってました。

 

しかも、8歳の長男は吐き気がしたら自分でトイレに行くか、袋に吐いてたから、どこも汚れなかったし、

最近みんな大きくなって1歳児が吐いた時、こんなにあたふたすることを忘れていました。

それがだいたい3、4時間続いただろうか、全然三男が吐かなくなったので、体を拭き、布団に寝かせました。

 

結局、あんなに汚物に触れるのは私だけ!と、頑張ってたのに、家中に吐かれてウイルス飛散しまくり、、、

その晩です。

主人がお腹が痛いと言いだしトイレにこもりました。

と思ったら、娘が気持ち悪いと言い出し、エチケット袋を手放せなくなりました。

なるべくしてなった光景、、、

と、傍観するしかなかった私にもとうとう魔の手が!気持ちが悪くて気持ちが悪くて、、、つわりの時の悪夢再びな感じ。

 

私はつわりの時にトイレにこもってたので、トイレで吐く癖がついていて、袋で上手に吐けず、

お腹の痛い主人と、吐きたい私で、トイレの奪い合い。三男の吐き気がそれまでに終わっていたことだけがせめてもの救い。

主人と娘と私は一晩中苦しみました。

 

だけど、長男と三男のセオリーからすると、この苦しみ、半日で終わるよね。と、希望だけを胸に、苦しみに耐える私達に夜が明け、待っていたのは回復ではなく継続する苦しみでした。

いつも前向きで楽天的な夫婦もさすがに参った瞬間。

あれ~治んないんだ・・・(笑)

 

こりゃ次男にもうつっていたら幼稚園で迷惑がかかるし、なにより誰もお迎えに行けないという事で

次男は幼稚園を休ませて、地獄のような中、1人で過ごしてもらうという可哀そうな状況。

いつもヤンチャわんぱく我がままマイペースな次男もさすがにお利口さん。は言いすぎか、、、

とりあえず、私の布団に入ってきたり、テレビ見ながらお菓子食べながらゲームしながら、1人でベチャベチャずーっとしゃべりながら暴れていました。マザコン野生児だから仕方ない。彼にしては頑張った。

 

主人と私は交替で眠り、交代で次男と復活した三男のお世話をして過ごしました。

そうこうしているうちに、気合いと時間が、なんとなく私達にも回復という希望の光を見出してくれたというか

自分たちに言い聞かせたというか、夕飯何とかしないとな~と悩んでいた所

 

救世主。私の母から電話。状況を話すと、

翌日仕事がお休みだから、回復した長男&三男、ずーっと元気な次男を預かってあげる。と・・・

 

ありがたい。でもだいぶ悩みました。

長男はすっかり治ったとはいえ三男は前日まで吐いてたし、次男は元気だけどもしウィルスが潜伏していたら母にもこの地獄を味あわせてしまうことになる。

主人と話し合った結果、お断り。

 

と告げたところ、

じゃぁ誰が子供たちの夕飯作るのよ~!うつったらうつったでしょ~!と軽い口調で私たちの決意を一掃して

早々に迎えに来てくれました。

 

強がってみたけど、結局甘える甘える。

母親とは普段から仲良くしておくもんだ~ありがたい。ありがたい。

 

そんなわけで、我が家の大人チーム3人のしんどい夜2日目は、

6人家族になって初めて静かに自分たちだけのペースで過ごすのでした。

 

長男がノロウィルスに感染し、家族感染し、それが落ち着くまでトータル5日。

やっと平穏な日常を取り戻しつつあります。

 

長くなりましたが、ウィルス系感染症の家族内感染は本当につらいというお話を伝えさせていただきました。

ノロウィルスにかかわらず、感染したらきちんとしたケアをしましょう。

かかってみて初めて色々調べたので、自分たちは時すでに遅しでしたが

次はノロウィルス感染の予防と除菌について書いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です