末っ子の心が落ち着くアイテムと次男の赤ちゃん返りによる末っ子のマネ行動の件


こんにちは、ゆほけのです。

子供が心を許すアイテムがあると助かるもんですね。

それがあると、親や兄弟の用事中に退屈したときや、夜泣きしたときや、単純に機嫌が悪いときに、子供も親もちょっとホッとします。

もちろん、依存し過ぎさせ過ぎには要注意ですが、上の子達の時には意識したこともないし

子供たち自身があまり、コレ!というこだわりがなかったので

そんな便利なアイテムのことに気が付いたのは、4人目にして初めて。

 

今まで、そういった事態にどう対処してたんだろう?自分でも謎(笑)

お気に入りのオモチャだったり、いつも使ってるタオルだったり、おしゃぶり、人形、絵本、、、それはその子によって様々だと思いますが

我が家の末っ子の心の拠り所は、ヒモ!

 

私のスウェットパンツのウエスト調整のヒモが特にお気に入り。

立った状態で私にしがみついてきた時、ちょうど目の前にあったから、何気なく掴んでみたら、なんか心にしっくりきたらしく、、、

しょうがないので、ウエストから抜いて、首に巻き付いたりしないよう小さく結んで末っ子にあげました。

それ以来、寝る時も出掛ける時もちょっと機嫌が悪い時も、いかなる時もそのヒモを持っています。

 

そのヒモの使い方がちょっと面白い。

ヒモの使い方に定義なんてないから、それが変わっているかとかは分かんないけど

彼はそのヒモの先端を目の下あたりから頬っぺた全体をすりすりさせます。

円を描くように。

そしてちょんちょんと鼻をつつき、最終的にお口へ。

お口と言っても、くわえたりしゃぶったりするわけではなく、頬っぺたをすりすりさせた時と同じように唇をすりすりさせる感じ。

 

起きてる元気な時も、ふと立ち止まりその行動をするのがおかしい。

もちろん眠い時も手放さない。そしてその繊細な一連の動きを何度も繰り返します。

 

人に迷惑のかかることではないし、いつか飽きて自分からヒモを探さない日が来ると思うので、その時までほっとくことにしました。

きっと私達には分からない心の落ち着く何かがあるのでしょう。

と、思っていたら我が家に一人だけ、その気持ちが分かる者がいたようです。

 

次男が、気付くとそのヒモを奪って、完全に鼻に突っ込み、完全に口にくわえています。

明らかに末っ子とは動かし方が違うガサツなくわえっぷり。

、、、分かりやすく赤ちゃん返り。

せめて、そんなにガッツリ鼻に突っ込まないでほしいもんだ。

最初はコラコラと注意していましたが、最近では我々が注意するまでもなく、末っ子が自ら次男を攻撃してヒモの奪還を果敢にトライしているので、

ま、その辺のやり取りも彼ら自身に任せることにしました。

 

ちなみにヒモには、一軍、二軍、三軍、その他大勢と

一応、私にとっても末っ子にとっても念のため用(洗濯とかお出掛けとかね)の控え選手がそろっています。

 

それにしてもヒモのおかげで寝かしつけがラク~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です